〒069-0834 江別市文京台東町42番地  TEL011-386-4511/ FAX011-386-4977  maildoken@hokkaido-c.ed.jp


 

 
プロジェクト研究
プロジェクト研究について
 本道における学校教育の喫緊の課題の解決を図る実践的な研究に取り組んでいます。
 平成30年度の研究内容及び平成29年度の研究において作成された研究報告や資料を、次に掲載しています。
 それ以前のプロジェクト研究については、過去のプロジェクト研究等のページをご覧ください。
 

 
 
平成30年度の研究

高等学校における探究活動の充実に向けて
-進学校における「総合的な探究の時間」の導入に向けた研究-
 

【研究内容】
 高等学校、とりわけ普通科進学校の総合的な学習の時間において生徒の主体的な探究活動の導入・推進を目指した学校経営に資する研究を行う。
○ 高大接続改革等、探究活動の推進が必要な背景の明確化
○ 「総合的な学習の時間」の取組について、伝統校に取材することにより、探究活動の導入・推進を阻害する要因の明確化
○ 探究活動を導入・推進するためのポイントの整理
○ 探究活動の導入・推進に資する資料の作成(指導計画、評価資料等)

 
【研究期間】
 平成29年度~30年度(2年研究)

 

学校におけるカリキュラム・マネジメントの在り方に関する調査研究
-組織的かつ計画的に教育活動の質の向上を図るカリキュラム・マネジメントに関する研究-
 

【研究内容】
1 カリキュラム・マネジメントに係る実態把握
2 道内外の先行研究及び先進的な実践事例の収集、分析
3 キャリアステージに応じた資料の作成

 
【研究期間】
 平成30年度~31年度(2年研究の1年目)

 

新学習指導要領に対応した情報活用能力の育成に係る指導方法及び環境整備に関する調査研究
-主体的・対話的で深い学びを実現する授業の支援-


【研究内容】
○ 本庁との共同研究及び高等学校長協会との連携
○ クラウドを活用した実践事例の収集
○ クラウドの利用マニュアル(案)の作成


【研究期間】
 平成30年度~31年度(2年研究の1年目)

 

学校種間連携による理科の系統的な学習プログラムの研究
-理科の学びを通し、児童・生徒の資質・能力を育むために-
 

【研究内容】
1 研究協力校と連携し、コンテンツ-コンピテンシーマトリクスを作成する。
2 作成したマトリクスを元に育成すべき資質・能力を明確にした学習プログラムを開発し、協力校での実践を行う。
3 連携地域を拡充させるとともに、育成すべき資質・能力ごとの評価方法について検討を行う。
 

【研究期間】
 平成29年度~30年度(2年研究)

 

「小学校におけるプログラミング教育」に関する指導計画及び教材について
~平成32年度から円滑に実施できるための支援~
 

【研究内容】
1 都府県等の実践事例を収集する。
2 教材を開発する。
 (1) 各教科等におけるプログラミング言語を使用しない教材
 (2) 総合的な学習の時間等におけるプログラミング言語を使用した教材
3 プログラミング教育の指導計画例(リーフレット等)の作成
4 関係機関等との連携について研究する。
 (1) 学校等との連携
  (2) 企業等との連携
 (3) 地域人材の活用等
5 1年次は主に「文部科学省:小学校プログラミング教育の手引(第一版)」で示された分類A~Dについての教材の開発をそれぞれ1つずつ行い、2年次は開発した教材の検証を行うとともに新たな教材を開発する。
 

【研究期間】
 平成30年度~31年度(2年研究の1年目)

 
平成29年度の研究
「高等学校における探究活動の充実に向けて」 

【研究内容】
・「総合的な探究の時間」において、探究のプロセスを一層重視し、生徒の資質・能力を育成できるようにする支援の研究

【研究期間】
 平成29年度~30年度(2年研究の1年次)
 

研究の詳細はこちら
 
「学校種間連携による理科の系統的な学習プログラムの研究」

【研究内容】
・研究協力校と連携し、各発達段階で育成すべき資質・能力を明確にした学習プログラムの開発
・研究協力校における授業実践等による開発した学習プログラムの評価及び改善

【研究期間】
 平成29年度~30年度(2年研究の1年次)

研究の詳細はこちら
 
 
「小・中・高等学校における『活用力』を育成するための学習指導の在り方

【研究内容】
・「活用力」を育成する主体的・対話的で深い学びに関する学習指導の在り方についての研究

【研究期間】
 平成27年度~29年度(3年研究)

研究の詳細はこちら

研究内容(研究紀要版)
研究対象の教科における単元及び一単位時間の指導計画(案)
国語科
算数科・数学科
理科
 

「遠隔研修の推進に関する研究」 

【研究内容】
・Skypeを中心とした汎用的なビデオ通話ソフトウェアを調査・研究し、広域分散型の北海道に対応した遠隔研修の推進に資する研究
・遠隔研修の推進に資するセッティングマニュアルの作成

【研究期間】
 平成29年度


研究の詳細はこちら

 

「遠隔授業に関する研究」 

【研究内容】
・1学年1学級である受信側の選択科目の増設に向けた教育課程の研究
・対面により行う授業の時間数を緩和した単位認定を可能とするための指導方法や評価方法の研究

【研究期間】
 平成29年度~32年度(4年研究の1年次)


平成29年度研究開発実施報告書はこちら(教育政策課情報化推進グループのページへリンク)

 

カウンタ

COUNTER17394