理科教育に関する調査研究

理科教育に関する調査研究について

 北海道立教育研究所附属理科教育センターでは、理科教育の充実を支援するため、 各校種の研究連携校と連携しながら、自然の事物・現象に対する興味・関心や探究心を高める教材及び科学的思考力を育成するための学習プログラムを開発や、大学や専門機関と連携して科学技術の発展に対応した先進的な理科教育の在り方についても、研究を進めています。
 
本道の理科教育に関する実態調査について
本道の理科教育に関する実態調査について
  本調査は,北海道における理科教育の充実を図り、本道の理科教育に資するため、北海道教育大学と北海道立教育研究所附属理科教育センターが共同で実施したものです。
  調査は2002年度、北海道立理科教育センター(当時)が単独で調査を開始し、これまで、5回にわたって実施しています。
  調査結果と分析は、北海道立教育研究所附属理科教育センターHPで紹介しています。

  第1回調査(2002年度)  北海道立理科教育センター(当時)単独調査
  第2回調査(2004年度)          〃
  第3回調査(2007年度) 北海道教育大学と共同で実施 絵文字:矢印 右 調査結果はこちら
  第4回調査(2009年度)          〃         絵文字:矢印 右 調査結果はこちら
  第5回調査(2011年度)          〃         絵文字:矢印 右 調査結果はこちら



絵文字:虫眼鏡 第5回本道の理科教育に関する実態調査(2011年度)より ****************

 2011年度に実施した、第5回本道の理科教育に関する実態調査結果の概要は次の通りです。
 

児童生徒に関する調査の結果

理科が「大好き」「好き」の割合は増加傾向 家庭学習時間は学年が上がるほど減少
 調査結果から、児童生徒については、前回の2009年度調査に引き続き本道は理科好きの児童生徒の割合が全国平均よりも高いことがわかりました。また、2002年度からの調査における経年変化についても、小学校4年生、小学校6年生、中学校2年生において、理科が「大好き」と「好き」を合わせた割合に全般的に増加傾向がみられ、特に小学校6年生ではその傾向が顕著であることがわかりました。一方、勉強や宿題をする頻度については、小学校4年生、小学校6年生においては国語と算数は多いのですが、理科は少なく、中学校2年生と高校2年生においては、数学が他教科に比べてやや多いものの国語と理科は少ないことや、全般的に学年が上がるほど勉強や宿題をする頻度は減っていくことなどがわかりました。

 

教師に関する調査の結果

 理科ができるようになるために実験観察が必要  しかし,実験観察を行うにあたり障害がある
  教師については,児童生徒が理科ができるようになるために重要だと思うことについて,校種によって若干の差はありますが,「科学に興味・関心をもつこと」「順序立てて考えたり,手続きを考えること」「観察や実験を行うこと」を重要だと思う割合が高く,逆に,「コンピュータを活用すること」を重要だと思う割合は低いことがわかりました。一方,観察実験を行うにあたって障害となっていることについては,「準備や後片付けの時間が不足」がいずれの校種においても最も高い割合を示しており,特に,小学校,中学校においては7割近くに達し,深刻な障害となっていることがわかりました。また,校種による比較では,小学校では「設備・備品の不足」が障害となっている割合が高く,高校では「授業時間の不足」「生徒の授業態度の問題」が障害となっている割合が高いことなどがわかりました。


 
理科教材及び学習プログラムの開発と普及

北海道の自然を生かした理科教育
 ○地域生物素材を活用した理科教育の充実。
 ○生物教材配布プログラムの充実、配布した生物教材を活用した理科教育の充実。
 ○地域の地質素材を活用した理科教育の充実。

自然災害・防災教育・環境教育
 ○環境教育に関する資料の収集、環境教育に関する観察・実験,学習プログラムの研究開発。
 ○自然災害・防災教育に関する観察・実験、学習プログラムの研究・開発。

安全教育
 ○実験中に起こる事故防止のための、薬品や実験操作に関する正しい知識の普及。

学習指導要領に対応した研修
 ○科学的思考力を育む観察・実験及び探究活動を推進する理科教育のための研究。
 ○自然体験や実社会,実生活との関連を重視し、自然科学に関する興味・関心を高める学習プログラムや教材の開発。
 ○実感を伴った理解を図る理科教育のための研究。
 ○理科教育に関わる指導方法・評価方法・安全教育・学習プログラム等理科教育全般に関する研究。

研究紀要
 当センター職員が理科教育について研究した成果をまとめ,研究紀要を作製しています。
 バックナンバー絵文字:矢印 右こちら